生産体制Production System

太陽ケーブルテックグループは、国内2工場とTC Asia Pacific Holdings Ltd.の製造拠点を通じて、
お客様の要求に迅速に対応する体制を構築しております。日本国内の各拠点にセールスエンジニアを配して、お客様のニーズをくみ上げ、
最新のシステムを通じて情報を共有し、日々問題解決に努めております。

また、アジアパシフィックにおいても、TCAPグループ各社及びアライアンス・パートナー各社と協力して日本と同品質でご提供いたします。

太陽ケーブルテックグループの生産体制

Toyooka Factory豊岡工場

最高品質ロボット用ケーブルの生産拠点

豊岡工場

Shimane Factory島根工場

品質・コストデリバリーを追及。汎用ケーブルの生産拠点

島根工場

TC Asia Pacific Holdingsの生産体制

太陽電線(蘇州)有限公司

TC Asia Pacific Holdings Ltd. の最大最新の工場

2001年に創立。2008年に新工場設立。日本への輸出はもとより、
上海、蘇州周辺の様々なユーザーへの多種多様な製品を提供しております。
また、自社電線を使用したケーブル加工品や床暖房システムの生産もおこなっております。

太陽電線(蘇州)有限公司

太陽電線(東莞)有限公司

ケーブル加工品を電線から一貫生産

1997年に創立。品質・生産・環境の管理体制は日本の工場と比べても遜色ないと評価をいただいております。
USB・DVIなどのインターフェイス用ケーブルの大量生産工場としてスタートいたしましたが、現在ではネットワークケーブル、テフロン絶縁電線など付加価値の高い製品も生産し、新製品開発もおこなっております。

太陽電線(東莞)有限公司

TAIYO CABLETEC(THAILAND) CO.,LTD.

ASEAN諸国への電線供給開始

2009年に創立。2013年4月にアマタナコン工業団地に工場を移転しました。
拡大し続けるASEAN諸国へ向けて、生産体制を確立し、電線供給いたします。

TAUTI CABKETEC (THAILAND) CO., LTD.