TTC-II/2501 LF電子機器ロボット用ケーブル

TTC-2

工場配線(ベア)

製品に関するお問い合わせ 総合カタログ請求

規格・特性表

耐熱性 ★★★★★
耐油性 ★★★★★
耐ノイズ性
難燃性 ★★★★
耐捻回性 ★★★★★
耐屈曲性 ★★★★★
ケーブルベア ★★★★★

特性は目安となります。

用途

  • 高速可動のケーブルベア配線に最適
  • ケーブルベア試験 1000万回以上
  • 定格600V、105℃のUL, cUL共用ロボットケーブル
    (カテゴリー:AVLV2, AVLV8)

特徴

  • 導体に特殊極細導体を使用
  • 絶縁体に高滑性・耐熱PVCを使用
  • シースに高耐油・耐熱PVCを使用
  • UL VW-1, cUL FT1の難燃対応

構造図

表面印字

識別

販売標準長

100m
(切断販売が可能なサイズもございます。詳細は窓口にお問い合わせ下さい)

構造表

  • ※線心数表記“+1C”の場合、14AWGの[Y/G]アース線入りとなります。
    (例)10C+1C×18AWG:10×18AWG+1×14AWG(アース)
    4C以上の14AWG、12AWGにおいては同サイズの[Y/G]アースを1本含みます。

許容電流

  • 本製品の許容電流は空中1条布設、周囲温度30℃での値です。
  • 許容電流値は、JCS0168に基づき算出しております。
    4心にアース線が入る場合、アース線を除いた3心(通電心数)で算出しております。
  • 周囲温度によって下記の減少係数を乗じて下さい。

●電流減少係数(周囲温度の場合)

移動特性

  • 注)1 ケーブル外径 20mm以上の場合はC、30mm以上の場合はDとなります。
  • 注)2 ケーブル外径 20mm以下の場合。
  • ※ケーブルベア内での配線は、『移動距離』によりケーブルの寿命に影響がありますので、移動距離5m以上でご使用の場合は弊社営業担当までご相談ください。